屯鶴峯 【外ぶら JAPAN TRIP】

屯鶴峯(どんづるぼう)【奈良県指定天然記念物】

 屯鶴峯は、今から千数百年前に二上山の火山活動によって火砕流(かさいりゅう)や火山灰などが水中に堆積し、その他の地殻変動によって隆起しました。さらに、長い年月をかけて侵食され、現在の姿になりました。古くは古墳の石棺材や寺院の基壇(きだん)などの石材として利用されていました。
遠くから見ると鶴が屯(たむろ)しているような奇観のため、この名称で呼ばれるようになったと言われています。
[注意事項]
白い岩肌部分は石質がもろく、非常に滑りやすく危険な上、岩肌が崩れることにより景観を損なう恐れがありますので、立ち入らないようご協力お願いします。

香芝市

 

PHOTO

駐車場とトイレ

駐車場とトイレ

【屯鶴峯】入口階段

【屯鶴峯】入口階段

階段右手にはダイヤモンドトレールのプレートが! 屯鶴峯が起点になっています。

階段右手にはダイヤモンドトレールのプレートが! 屯鶴峯が起点になっています。

白い岩肌

白い岩肌

白い岩肌

白い岩肌

アクセス

〒639-0252 奈良県香芝市穴虫(二上山の西北、穴虫峠の近く)

  • 近鉄南大阪線 上ノ太子駅 徒歩約40分
  • 近鉄南大阪線 二上山駅 徒歩約30分
  • 近鉄大阪線 二上駅 徒歩約35分
  • 近鉄大阪線 関屋駅 徒歩約40分